第一印象は3秒で決まる!? 印象を左右する3つのポイント

第一印象は3秒で決まる⁉ 印象を左右する3つのポイント

目から入ってくる情報量はとても多く、パッとみた瞬間のたった数秒でも印象に残ることがありますよね。

人間関係においても初対面なのに不思議と以前から交流があったような親近感を覚えたり、温厚そう、真面目そう、知的そう、厳しそうなど、直感的に感じることがあります。

第一印象は、とても重要なポイントと言われていますが、年齢を重ねるにつれ、経験値というフィルターも加わり、仕事においてもプライベートにおいても第一印象の重要性が高くなっているように感じます。

春は環境が変わりやすく、出会いの多い季節です。

せっかくの出会いの季節だからこそ、できることなら悪い印象は避け、良い印象をもってもらいたいですよね。

今回は初対面で好印象を与える3つのポイントをご紹介いたします。

目次

3つのポイントをおさえる前に重要なのは「清潔感」

一般的に好印象にみえるポイントとしては、なんと言っても清潔感です。

清潔感は、ただお風呂に入って、清潔なお洋服を着るということではなく、身だしなみを整えるということです。

あなたは大丈夫? 身だしなみの気をつけたいポイント

まずは、男性・女性に共通する項目からご紹介いたします。

髪の毛

艶やかで潤いに満ちた髪は-5歳のエッセンス。

髪は年齢を語るといっても過言ではないほど印象を左右させます。

気をつけたいポイント!

・顔まわりがすっきりしている

・前髪が目にかかっていない

・ツヤがあり、まとまりがある

・傷みがなくパサパサ感がない

服装

きちんと角のある襟やプリーツのきいたパンツは、それだけで全身をすっきり見せてくれる体型カバー効果があります。

気をつけたいポイント!

・シワがなく汚れがついていない

・スカートやパンツの丈は短すぎず長すぎない

・着崩して胸元を開けすぎていない

肌は健康のバロメーター。

健やかな肌は透明感があり、ほんのり血色を感じるハリのある状態です。

気をつけたいポイント!

・潤いがあり、血色が感じられる

・皮脂でテカテカしていない

・輪郭がはっきりしている

におい

香りは最後まで記憶に残るその人の印象。

自分にとっての良い香りは、人にとっても良い香りとは限らないことを忘れずに。

気をつけたいポイント!

・加齢臭や汗の臭いはしっかりケア

・生乾き臭やタンス臭がしない

・適度な香水や強すぎない柔軟剤のチョイス

男女別の気をつけたいポイント

男性

もみあげや襟足、眉、ひげなどのお手入れ不足は、だらしがなさや不潔な印象を与え兼ねない重要ポイントです。

特に女性に良い印象を与えない無精ひげには気をつけましょう。

女性

顔色がくすんで見えてしまうお顔の産毛処理や整えられていない眉は、表情の印象を各段と下げてしまいます。

透明感のあるお肌や洗練された印象を与えるのでマストケアとして習慣にしましょう。

本来お肌を美しく見せるためのファンデーションも、厚塗りやムラがある場合は雑に見られてしまうマイナス要因です。

マスク着用時のポイント

マスクで変わる第一印象

マスクを着けているときと着けていないときでは、第一印象にも差が出ます。

お顔の半分程度を覆うマスクは、露出している部分、特に目元の印象が重要になってきます。

血色感をアップさせるカラーマスクがありますが、肌色にマスクの色が合っていないと、かえって顔色が暗く見えたり、くすんで見えてしまいます。

自身の肌色に合った色選びをするようにしましょう。

透明感のあるスプリングタイプの肌色

フレッシュなイエローやみずみずしいライトグリーンが健康的で若々しい印象に。

ピンクがかったサマータイプの肌色

淡くくすんだ色合いやライトベージュが知的でエレガントな女性らしさを演出。

黄色みがかったオータムタイプの肌色

深みのある暖色やアースカラーが大人っぽく落ち着きのある華やかな雰囲気に。

赤みがなく白いウィンタータイプの肌色

鮮やかではっきりしたレッドやディープブルーが凛とした存在感を与えます。

また、サイズが合わないマスクを長期間着用することで、ほうれい線などのシワの原因になってしまうこともあります。

サイズを確認し、正しく着用しましょう。

印象を左右させる3つのポイント

パッと見た瞬間に、人の印象を左右するポイントは3つあります。

それは、「メイク」「髪型」「服装」です。

ドラマや映画などを観ているときに、俳優さんや女優さんが作品ごとにまったく雰囲気が違うと感じることはありませんか?

これは、役柄に合わせて印象をガラリと変えているからです。

もちろん役柄に合わせて、立ち振る舞いなどを変えるということもありますが、外見の印象を変えるのに重要なのが、メイク・髪型・服装という3つのポイントです。

3つのポイントをうまく活用し、なりたいあなたの印象に近づけましょう。

なりたい印象が思い当たらないという場合は、普段から雑誌やSNSなどで『自分の好き』な写真やイメージを集めてみると、好みの傾向が見つかりやすいのでぜひお試しください。

ポイント1「メイク」

メイクは、今日からでもすぐに採り入れやすい項目です。

ポイントは、「色」「形」「質感」です。

淡い色・肌に近い色

ナチュラルな印象を与え、オレンジやピンクなどの暖色は柔らかな雰囲気に。

黒・原色に近い色

キリっとした印象を与え、ブルーなどの寒色はクールな雰囲気に。

採り入れやすいアイシャドウやチークで、なりたい印象づくりに色をうまく使うのは効果的です。

メイクにおいて、形は非常に重要です。

輪郭・眉・目・鼻・口などの形や骨格、そして、その大きさや配置などのバランスによっても印象が変わります。

曲線的だと女性らしいフェミニンなイメージになり、直線的だとクールなイメージになります。

やさしい印象を与えたい

眉:少し弧を描くような弓形なアーチ型を意識する。

アイシャドウ:締め色(パレットの中の一番濃い色)は使わない。

アイライナー:黒は避ける。

キリッとした印象を与えたい

眉:眉山をとり、少し角度をつけて描く。

アイライナー:黒で引き締める。

質感

お肌の質感は素肌の状態を最適にすることが最善ですが、下地やファンデーション、フェイスパウダー、ハイライトといったアイテムなどで調整ができます。

質感にツヤがあるアイテムでのメイクは、軽やかで活発、若々しい印象になります。

逆にツヤがないマットなアイテムでは、おしとやかで控えめな印象になります。

あわせて読みたい
写真に映えるメイク3つのポイント こんにちは、恋するマーケッターの野崎です。SNSが普及した昨今、お友達とご飯に行った時、イベントに参加した時、家族と旅行した時、はたまた自撮りなど、写真を撮る機...

■男性向けメンズコスメのすすめ

メイクは女性のものと思われがちですが、最近では『メンズコスメ』が多数販売されていて気軽に採り入れやすくなっています。

男性が採り入れやすいアイテムは、アイブロー肌色タイプの日焼け止めです。

アイブロー

眉はお顔の額縁と言われ印象を左右する部分。カットや剃るなどで整えすぎは避け、薄い部分や欠けている部分を少しだけ足してあげると印象が良くなります。

肌色タイプ日焼け止め

肌の色ムラを補正し、健康的な肌に仕上げてくれます。

無色のフェイスパウダー

お顔はもちろん、額や耳の中などがテカテカしていると、一気に清潔感がダウンします。パウダーで皮脂浮きを抑えましょう。

ポイント2「髪型」

艶やかな髪は若々しさを印象づけます。

年齢を重ねるごとに髪は乾燥しがちになり、潤いが抜けてパサパサ感が出ます。

若いうちでもカラーリングやブリーチの頻度が高いと、潤いのないゴワゴワとしたまとまりのない髪になってしまうので注意が必要です。

適度なカットは髪の健康にも良いので、伸ばしたいからといって切らないというのはあまりおすすめしません。

重さを取ったり毛先を揃える程度でも良いので、定期的に髪の調整をしましょう。

ポイント3「服装」

服装はTPOを守って、その場の雰囲気や周りとの調和をとるのがおしゃれの達人になる秘訣

どんなにかわいい服も場の雰囲気に合わなければ、周囲から浮きます。

清潔感を第一に、だらしがなく見える残念ファッションは避けましょう。

まとめ

ここまで第一印象を良くする3つのポイントをご紹介してきましたが、最高に好印象を与えるポイントは、やはり「笑顔」です。

あわせて読みたい
笑顔でほうれい線が消える驚きの理由 こんにちは、恋するマーケッターの野崎です。長引くマスク生活の中で「最近笑ってないな」と感じた経験はありませんか? 実は笑うことは表情筋のトレーニングになります...

どんなに清潔感のある好印象を装っても、不機嫌な顔や無表情では台無しです。

3つのポイントと笑顔を忘れずに、ステキな毎日をお過ごしくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

国内大手化粧品メーカーにて美容部員 ・フェイシャルエステティシャンとして従事。「あなたらしく、心満たされゴキゲンな毎日」をモットーに、日常に取り入れやすい美容情報をお届けいたします。

目次
閉じる