女性にぴったりのプライベートジムの選び方

女性にぴったりのプライベートジムの選び方

健康ブームで「定期的に運動習慣をつけたい」「自分磨きに時間を使いたい!」「スキニーを綺麗に履けるようにダイエットしたい」そんな風に思っている女性は多いと思います。

特に日焼けが気になる女性は直射日光の当たらない室内のジムで身体を動かしたいニーズが高いと思います。

その一方で、「ジムには行きたいけど、マッチョな男性がいるところはちょっと….。」「筋トレに詳しくないので周りの目が気になる」と気にしている方も少なくないようです。

そんな女性から注目を集めているのがプライベートジム。

プライベートジムは一般のジムに比べ料金は上がりますが、男性のお客様もいないので安心してあなたのペースで最短に綺麗になるアシストをしてくれます。

今日は数あるプライベートジムの中から、女性にぴったりのジムの選び方をご紹介します。

目次

女性向けプライベートジムメリット3選

1:女性が喜ぶ設備が整っている

女性をターゲットにしているプライベートジムは女性が喜ぶ設備が充実しています。

例えば、シャワールームにこだわったシャンプーやコンディショナーがあったり、グレードの高いドライヤーや、コテやアイロンも完備されているところもあります。

また、子育て中のママをターゲットにしているプライベートジムは、キッズスペースがあるなど、子育て中の女性も自分の時間を満喫できるサービスが整っています。

2:理想の体型や悩みを相談しやすい

パーソナルジムに通うと最初に体重はもちろん、体重から体脂肪率や筋肉量、内臓脂肪といったからだの組成(体組成)を分析します。

データで見ることであなた専用のプログラムを組み立てるためです。

パーソナルなことなので中には見知らぬ男性トレーナーにデータを見られるのが嫌という方もいらっしゃると思います。

女性専用プライベートジムでは女性トレーナーも在籍しているケースが多く、女性ならではの悩みも気兼ねなく相談できるのもメリットです。

カウンセリングをしっかりすることが結果にも繋がりますので信頼できるトレーナーと出会うことが綺麗への近道です。

3:安心してトレーニングできる

不特定多数の人が利用するジム。

男性が多いジムだと、マシンに汗がついていたり、ウエイトが重たく設定されていたり、男性からの視線が気になったりと不快に感じた経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その点女性専用のパーソナルジムでは、女性専用のマシンがメインで、利用者も女性だけなので安心して利用できるのが特徴です。

失敗しない女性専用プライベートジムの選び方

たくさんの種類があるプライベートジム。決して安いものではないのでジム選びは慎重にしたいですよね。

そこで、ここを押さえて比較検討すれば大丈夫!という選び方をご紹介します。

01:施設設備

「清潔感」「設備の使いやすさ」をプライベートジムに求める女性も多いです。

辛い運動も快適になる施設や、アメニティの充実などジムに通うことが楽しくなる施設や設備があるプライベートジムを選ぶと身体作りのモチベーションがアップするでしょう。

仕事帰りやお買い物ついでにパーソナルジムに通われる方は荷物は極力少ない方がいいですよね。

レンタルウエアやシューズの有無も入会前に確認すると安心です。

02:プログラムの充実度

プライベートジムに行くには効果を期待して行きますよね。

そこで避けて通れないのがプライベートジムのプログラム。

あなたが無理なく続けられるプログラムを提案してくれるか、再現性は高いかなどご自身の体力や性格と照らし合わせてみてください。

長く続けると飽きてしまうという方は、ヨガやボクササイズ、ピラティスなどのプログラムやサウナがあるプライベートジムを選ぶとモチベーション高く続けられるでしょう。

03:費用対効果

一般のスポーツジムと比べて割高な価格設定となっているプライベートジム。

設備やサポートがついている分金額が上乗せされています。

このプライベートジムに通ったら本当に理想の身体をゲットできるのか。費用面も外せない検討材料の一つです。

女性にぴったりのプライベートジム

まとめ

せっかく時間とお金を使って運動するなら正しく快適にきれいになりたい!

そんな風にお考えの女性におすすめなのが、女性専用プライベートジム。

利用者は女性だけなので周りの目を気にせずあなたのペースでキレイになれます。安心安全の空間で自分磨きをしませんか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

野崎麻里@恋するセールスマーケター|1990年生まれ。大分県出身→湘南在住 | 健康のために月間100kmランと筋トレを欠かせない、アラサー女子。プライベートでは酒が恋人。

目次
閉じる