海外旅行は準備が大切!出発前に確認すべき持ち物リスト

海外旅行の持ち物リスト

海外旅行の際は、国内旅行よりも注意深く荷造りをしていかなければなりません。

とはいえ、

「何を持っていけばいいの?」

「海外旅行には何が必要?」

というような疑問を抱えている方もたくさんいるでしょう。

そこでこの記事では、海外旅行に持っていくべきものと、あると便利な持ち物について詳しく解説していきます。

目次

海外旅行に絶対に持っていくべき物とは?

まずは、海外旅行に絶対持っていくべき物をいくつか紹介していきます。

パスポート

海外旅行の際は、パスポートが必須です。

パスポートを忘れると、入国できないだけではなく、飛行機に乗ることができなくなります。

つまり、日本から出られないということです。

日本の空港でパスポートを忘れたことに気づいた場合、大幅な時間ロスになってしまいますので事前に用意しておきましょう。

航空券

紙媒体の航空チケットを持っている場合は、そちらも忘れずにしまっておきましょう。

中には、

「どこにしまったっけな」

となってしまう方もいますので、できるだけわかりやすい所にしまっておくことをおすすめします。

とはいえ、近年ではeチケットが主流になりつつありますので、スマホさえ持っていけば問題なくチケットを発行できます。

どうしても心配な場合は、予備を含めて2枚プリントアウトしておくことをおすすめします。

現金

言うまでもありませんが、海外旅行に行く際は現金が必要です。

ただ、あまりにも高額な現金を持って行ってしまうと、安全管理が大変になりますし、万が一盗まれたときのショックも大きいです。

1つの財布にまとめて入れるのではなく、複数個所に分けて保管するようにしましょう。

クレジットカード

「海外旅行に現金を持っていきたくない」

と考えている方は、最低限の現金に留めておき、基本的な決済をクレジットカードで行うということがおすすめです。

国際ブランドのクレジットカードであれば、基本的にどこの国でも活用できますので、安心して決済できます。

小さなバッグ

外出用に小さなバッグを持っていくことも大切です。

中には、財布やスマホなどをポケットに入れて、手ぶらで外出をしてしまう方もいますが、すりの被害にあいやすいためおすすめできません。

トートバッグなども、ひったくり被害にあいやすいため、

・リュックサック
・ショルダーバッグ

など、安全性が高いバッグを選ぶと良いでしょう。

セキュリティポーチ

先ほども解説したように、海外はすりやひったくりが頻繁に行われています。

特に、我々日本人は「お金持ち」というイメージがありますので、ターゲットにされやすいのです。

貴重品の盗難を未然に防ぐためには、服の下に装着するセキュリティポーチがおすすめです。

セキュリティポーチに現金の一部や貴重品をしまっておくことで、万が一バッグなどが盗まれてしまった場合でも、最悪の事態を回避できるようになります。

着替え

下着や替えの服などについては、ほとんどの方がしっかりと準備出来ていると思います。

ここでいう着替えというのは、寒い時にサッと羽織れる洋服のことを指します。

海外のレストランや各種施設などは、冷房をガンガンにしていることが多く、真夏でも寒いと感じるでしょう。

このような時に、パーカーやカーディガンなどがあれば、防寒対策をすることができます。

歯ブラシ等の日用品

歯ブラシなどの日用品は、最悪忘れてしまっても現地で調達することができます。

ただ、慣れない海外のお店で買い物をしたり、売っているお店を探したりする手間を考えると、日本から持って行った方が便利と言えるでしょう。

常備薬

海外旅行で気を付けなければならないのが「体調不良」です。

日本の場合は、すぐに病院に行くことができますし、自宅でゆっくり休むことも可能です。

ただ、海外ではそういうわけにはいきませんので、万が一体調が悪くなった時のために「常備薬」を持っていくと良いでしょう。

例えば、

・酔い止め

・下痢止め

・頭痛薬

など、普段使い慣れた薬を持っていくことによって、安心して旅行を楽しめるようになるはずです。

コンタクトレンズ

コンタクトレンズを使っている方は、忘れずに持っていきましょう。

意外と忘れがちなのが、保存液や洗浄液などの周辺グッズです。

これらを忘れてしまうと、コンタクトレンズを持っていても長期間使うことができなくなりますので注意が必要です。

どうしても不安な方は、メガネも一緒に持っていくことをおすすめします。

モバイルバッテリー

海外でスマホの充電が切れるというのは、絶望的な事態です。

このようなトラブルを避けるためにも、モバイルバッテリーを持っていくのがおすすめです。

ただ、モバイルバッテリーは基本的に預けることができず、機内持ち込みになります。

ただ、160ワットを超えるものについては、機内持ち込みも不可となりますので注意しましょう。

海外旅行に持って行った方が良いものとは?

では次に、海外旅行に持っていくと便利な物をいくつか紹介していきます。

整髪料

男性は整髪料などを持っていくと便利です。

海外旅行では、記念写真を撮ることが多いと思いますが、そのような時に寝ぐせがついていると嫌ですよね。

整髪料を持っていくことによって、身だしなみをしっかり整えた状態で写真を撮れるようになりますので、素敵な思い出を作りやすくなります。

また、少しグレードの高いレストランなどに行く際は、ドレスコードが必要になることもありますが、服装だけしっかりしていても、髪がボサボサでは意味がありません。

滞在日数が短い場合、小さなパッケージのものでも問題ありませんので、事前に用意しておくと便利です。

ウェットティッシュ

海外旅行に行く際は、ウェットティッシュを持っていくことをおすすめします。

ウェットティッシュがあれば、手が汚れてしまった時にサッと吹けますし、服やバッグが汚れた際も掃除することができます。

国内の場合、水道や施設内のトイレなどに行って手を洗うことができますが、海外の場合は水道が見つからないケースもありますし、

「本当にこの水道使っていいのかな?」

と不安になってしまうこともありますよね。

特に、食べ歩きをする場合などは必須アイテムとなりますので、用意しておくことをおすすめします。

延長コード

海外のホテルでは、コンセントがベッドから遠い場所に設置してあることもあります。

このような時、延長コードがあればベッド脇でスマホを充電できるようになりますので、快適にホテル生活を楽しめるでしょう。

ただ、国によっては変換プラグ、変圧器などが必要になるケースもありますので、事前に用意しておきましょう。

除菌スプレー

近年では、除菌スプレーが必須アイテムとなっていますよね。

海外旅行を控えている方の中には、

「海外でもしっかりとコロナ対策をしておきたい」

と考えている方もいるでしょう。

そのような方は、小さめの除菌スプレーやアルコールスプレーなどを持っていきましょう。

一定の条件を満たせば機内に持ち込むこともできますが、亜塩素酸なトリム水溶液を発生させる除菌グッズについては持ち込めないケースもありますので注意が必要です。

まとめ

海外旅行に行く際は、国内旅行に行く時よりも慎重に荷造りをすることが大切です。

万が一忘れ物をしてしまった場合、引き返すことができませんので、現地で不便な思いをする可能性が高くなります。

海外旅行を素敵な思い出にしたいと考えている方は、今回紹介したことを参考にしながら、慎重に荷造りを進めていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CxOマーケティング合同会社代表。大手小売業、ベンチャー企業、通販企業、プロモーション企業の取締役を経て独立。デジタルメディア、集客支援、プロモーション事業を手掛ける。全日本SEO協会PPC広告コンサルタント。趣味は愛犬と遊ぶこと。

目次
閉じる